HOME
プライバシーポリシー
お問合わせ
サイトマップ

FX システムを紹介!

FXを学ぼう!

変化する為替の世界

現在40歳くらいの社会人より若い方にはあまり馴染みのない「1ドルが360円」に決まっていて、しかもその当時は稀だったのですが海外へ出かける時に持ち出しのできるドルが決められていた時代がしばらくの間あった記憶です。つまりその頃の日本人にとって日本の通貨以外を普段の生活や社会活動などで見たり、取り扱うということはほとんどありませんでした。

1979年から国際通貨に対していわゆる変動相場制が取り入れられて、こと米ドルに対しても一気に270円程度のレートが適用されて、までもいろいろな影響を与える円高方向へ進み、多くの人がその恩恵を獲得したり、あるいは損をしてしまう時代になりました。つまりこの通貨制度の移行以降、一般の我々にも外国為替という言葉も、またそれにまつわる行為が身近に感じられるようになったのでした。

更に現在では手軽にいろいろな国へ出かけたり、海外の製品を個人輸入も含めて数多く取引できるようになって、米ドルだけではない外国の通貨を使っての経済活動が生活に深く浸透している時代となりました。しかし、単に海外通貨や日本円に換算して買い物したり、売ったりの活動だけに限らず、多くの海外通貨を使っての投資、または通貨そのものの売買を商売にして設けたりするシステムができて、約10年前にはマネーゲームの架空取引で大きな事件が起きて世の中の注目を浴びたようなこともありました。

そして2000年前後の金融自由化とインターネット社会の仕組みを利用して一般人の我々も外国通貨を使っての為替取引ができるような仕組みまで出来上がって、これがForeign Exchangeの略であるFXシステムと呼ばれる取引方法までが手軽に可能になって行ったのでした。360円の固定相場の時代から考えれば、まさに隔世の感もありますが、携帯やスマートフォンを使った取引もできるこのシステムは、これからの金融に関する考え方を変えてしまう画期的な仕組みで、活用することで私たちの生活に大きく影響を及ぼすようにもなりました。

[注目] 今すぐキャッシング申し込み → キャッシング 即日

スポンサードリンク

Copyright (C) FX システムを紹介! All Rights Reserved